耐震診断・耐震工事

耐震基準は、1981年に制定された耐震基準法によって大きく変わりました。そのため、1981年以前に建てられた建物は新しい耐震基準を満たしていない場合がほとんどです。

現在お住まいの建物が1981年以前のものであれば、ぜひ一度当社まで耐震診断をご依頼ください。診断は協力業者である一級建築士が行います。
診断の結果、問題があれば必要な施工をご提案いたします。

このような建物は耐震リフォームをご検討ください

□軟弱な地盤に建っている建物
都市部は軟弱な地盤であることが多いため要注意です。
建築基準法では、軟弱な地盤の建物の壁量は50%増しにするよう定められています。

□オーバーハングした建物
2階が1階より飛び出ている建物は、飛び出している部分を柱だけで支えているため、不安定になりがちです。

□1階に壁が少ない建物
1階を店舗や車庫として使われている建物が該当します。
建物を支える壁が少ないため、倒壊する危険性があります。

□下屋の大きい建物
建物は1階と2階の外壁線が揃っている方が構造上安定します。
2階が小さい建物は、外壁が1階と繋がっていない場合が多いため、1階の天井に大きな負荷がかかることになります。

□老築化した建物
土台や柱が腐っていたり、シロアリや雨漏りが発生していると、建物の強度は大きく衰えます。
こうした建物は耐震工事に加えて、シロアリ駆除や雨漏りの修繕を同時にすることをおすすめいたします。

内装リフォーム、水回りリフォームのことなら有限会社瀬良建設

【TEL】06-6411-5066/090-3621-4303
【所在地】兵庫県尼崎市大庄中通2丁目59番地の4
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】尼崎市を中心に阪神間

一覧ページに戻る